KOTOBUKI ENGINEERING & MANUFACTURING CO.,Ltd

Chinese
English
コトブキ技研工業株式会社
ホーム
会社案内
事業内容
製品案内
お問い合わせ

 

会社案内
 
TOP > 会社案内 > 沿革
 

KEMCO35年の歩み




 コトブキ技研工業株式会社
1979年 コトブキ技研工業株式会社 設立。
1993年 三星重工業(株)(韓国)に「砕石機械、砕石プラント」の製造技術を供与。
本社を東京都新宿区新宿1丁目8番1号 大橋御苑駅ビルに移転。
1999年 「海砂全面禁止に伴う低コスト代替材製造装置の開発」(V7の開発)が広島県新規成長企業育成支援補助金に採択された。
2001年 「粒形改砕砂を用いたコンクリートの微石粉多量添加による品質改善」を広島工業大学との産学共同研究で行い、中国建設弘済会の支援制度に採択された。
2003年 V7乾式製砂システムが第15回中小企業優秀新技術・新製品賞にて奨励賞を受賞。 
2006年 「革新的鋳鋼製造技術の開発とその実証」が、中小ものづくり高度化法」に基づき、中国経済産業局より認定を取得。
2007年 廃コンクリートからの再生骨材を回収する、「RC7」高品質再生骨材製造システムの発売を開始。
2009年 (株)石井粉砕機械製作所の株式を取得。ローラーミルの発売を開始。
「中小企業等事業化促進補助金」を呉市より取得。
「平成21年度ひろしま産業創生補助金」を広島県より取得
2010年 「RC7」高品質再生骨材製造システムが第36回優秀環境装置 日本産業機械工業会会長賞を受賞。
2012年 福建南方路面機械有限公司(中国)に「V7乾式製砂システム」を技術供与。
2013年 Larsen & Toubro limited(インド)に「V7乾式製砂システム」を技術供与。
高品質再生骨材製造システムの新機種が公益財団法人新技術開発財団より第91回新技術開発補助金として認定。
2015年 高品質再生骨材製造システムが同新技術開発財団より新技術開発完了認定を取得。

会社案内トップ  事業内容  沿革  会社概要  事業所一覧
採用情報  お問い合わせ  トップページ